コンセプト

地元と世界

コンセプトは日々コロコロ変わっていきますが、基本的には地元と外国の自然素材と伝統的な製法の料理と雑貨を楽しめるカフェとなっております。
都心のカフェはコンセプトがはっきりしているお店が多いですが、当カフェではあえてコンセプトを絞らずに、オーナーにゆかりのある外国の食材や料理がメニューに並び、ショップフロアには動物をモチーフにした自然素材の雑貨からアンティーク雑貨、オーガニック食品などが並んでおります。インテリアもジャングルや田舎風やアジアンテイストなどバラエティに富んだ店内の中心には巨大な薪ストーブが設置されております。カフェの建物のまわりには近所の里山からの間伐材の薪に囲まれております。

過疎地カフェ

芸北地域の国道186号線沿いとある町に「芸北ぞうさんカフェ」はあります。この地域は高速道路が新しくできたことで人通りがめっきり減ったこともあり過疎化が進んでいますが、限界集落であることを逆手にとるアイデアと世界とのネットワークを駆使したファンキーなカフェを目指しています。

豪雪地帯に南国の食文化を

スリランカなどの南国の食材やレシピを地域に紹介して、新しい風を地域の皆様に感じてもらいたいと思っています。芸北のりんごと米粉と、スリランカのシナモンやハーブなどを掛け合わせてスイーツなどを開発しています。

過疎地から宇宙へ

地元の食材や伝統的な保存食をベースにして宇宙食を開発しています。
標高の高い芸北は世界で最も宇宙に近いカフェの一つであり、開発した宇宙食はギャラクティックなカフェのメニューとして登場します。
天体望遠鏡が完備されておりますので、星空の美しい芸北の夜に土星の輪などを観測していただけます。

遠方からはるばるご来店いただけるお店を目指しています。

芸北ぞうさんカフェはライブハウスでもあります。バイクカフェでもあります。さらにアマチュア無線カフェでもあります。ギャラリーでもあります。
テレビでお馴染みのアーティストから地元のミュージシャンまであらゆるジャンルのコンサートを行うステージがフロアにありますので、音楽ライブやトークショーは頻繁に開催されます。
ツーリングの名所である国道186号にある芸北ぞうさんカフェは、ライダーの皆様のオアシスとしてもご利用頂いております。
カフェフロアの一角にはアマチュア無線の機材がフル装備されております。コールサインを取得されている無線愛好家の皆様にご利用いただけます。

オーガニック食品と地元の食材、伝統的な製法と自然エネルギー

無農薬の高冷地野菜や有機栽培のフルーツ、フェアトレードのスパイスや茶葉、環境保全や動物保護の認証を受けた珈琲豆を使用するなど、できる限りの安全・安心を重視し、社会的責任を果たす努力をしております。
灯油や電気をできるだけ使用せず、さらに里山再生に少しでも役立つように自分達で間伐した薪を使用しての調理や薪ストーブを使用しています。

これらのことは本来ならごく当たり前のことだと考えておりますが、一応お知らせしておきます。ペコリ